訪問看護とは?

ご利用者様のかかりつけ医の「訪問看護指示書」に基づき看護師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士が在宅においてサービスを提供させていただく看護をいいます。
在宅生活を安心して過ごしていただけますように皆さまのお声を大切にし寄り添い、支え、ご利用者様とご家族様の大切な時間を有意義なものにしていくことです。

訪問看護からのリハビリテーションとは?

ご利用者様の症状や状態を、医学的知識を用いて分析し、主に関節の運動や日常生活の中でできるトレーニングを行うことで、その方に合った生活に近づけるための治療の提供をさせていただくことです。

対象となる方

¤主治医が、訪問看護の必要があると認めた方
¤病気やけがなどによりご家庭で療養されている方
¤医療的なケアや処置が必要な方
¤薬の管理が難しい方
¤がんや難病、認知症の方
¤小児の在宅看護や精神科看護の必要な方

サービス内容

医療機器管理・医療処置
医師の指示に基づく褥瘡(じょくそう)
ケア、点滴、注射、吸引、カテーテル
(径管栄養、膀胱留置など)の管理、
在宅酸素管理、人工呼吸器管理、
CVポート管理、服薬管理など
日常生活の支援、介護予防
入浴介助、清拭、洗髪、口腔ケア、爪きり、
着替えなど清潔保持のお手伝い、食事、
排せつなどの介助、低栄養やフレイル
(虚弱)など介護予防のアドバイス
認知症に対する相談と支援、
ターミナルケア
認知症介護に関するアドバイス、がんの
ターミナルケア(終末期医療)のお手伝い
在宅リハビリテーション
拘縮予防、歩行訓練、呼吸訓練、
筋力増強など、専門のスタッフによる
高度な訓練、QOL(生活の質)の向上を
目的とした訓練
健康状態の観察
バイタルサイン(体温、血圧、脈拍など)の
チェック、病気や障害の変化のチェック
療養環境へのアドバイス
そのほか療養環境に関するさまざまな
助言や、福祉用具の相談など
精神疾患の方への看護や相談
状態に応じた精神的・身体的なケア、
介護の相談
こころが疲れ、
生きづらいと感じる方へ
あなたの自分らしさを大切にしながら
一緒に考え悩み、看護師や作業療法士
が訪問